インターネットFAXは取引先に合わせるとよい

インターネットFAXは取引先に合わせるとよい

インターネットFAXのデメリット?互換性の問題はどうするか

インターネットFAXは取引先に合わせるとよい

日本中のかなりの企業の中で使用されている通信機器、それがFAXですが、従来のFAXには「紙やインク代がかかる」「紙だと保管が面倒」「通信費が高い」「外出先で書類を確認できない」「一斉送信が難しい」などのデメリットがあります。

 

しかしこうしたデメリットを解消してくれるサービスがあります。

 

それがインターネットFAXです。

 

このサービスを使えばどこでもメールを使ったFAXの送受信ができますし、商品のコストを削減、データも端末上で一括管理・共有できるといった様々なメリットが発生します。しかも月額の使用料も1,000円ちょっと、通信費も低めといいとこづくめなのです。

 

しかし注意点も存在します。それは互換性です。インターネットFAXを使うには送信側にネット環境があることが必須ですが、送られるデータは使っているネット回線によってはうまく伝わらないことがあります。例えば050(IP番号)や020(発信者課金サービス番号)といったFAX番号を使用した場合は、もし取引先がコンビニFAXなどを利用した場合に受信ミスが起きる場合があります。

 

またIP電話に関しては正常に受信できない場合が一部のFAX機種や回線状況で報告されています。FAXの規格にはG4のデジタル、G3のアナログなど違いがありますが、一部のサービス提供業者ではこのうちG4に対応していないところもあります。もしG4でしか送信できない設定がされていれば送受信の不具合が生じてしまう可能性があるでしょう。

FAXのG3規格とは、モデムを利用して通信時にピーガガガガーと音が鳴るのが特徴です。
転送速度は14.4kbps。最大解像度は200dpi*200dpi。
A4を1枚送信するのに、30秒~1分程度かかります。
業務用FAXでは33.6kbpsに対応しているSuperG3規格もありますが、解像度はG3と同じです。
G4はISDNに接続して使う、64kbpsで通信します。解像度も400dpi*400dpiと、G3より高精細。
しかし、やはり現在の流れとしてはインターネットFAXが普及してきています。

 

ですから取引先に合わせて、G3規格に落とすなどすると通信がうまくいく場合があります。詳しい設定についてはインターネットFAX業者に確認しましょう。。

 

無料トライアルがあるeFaxならお試し運用が可能

こうした問題を踏まえて、まずは自分の会社のケースでインターネットFAXが不具合を起こさないかトライアルできると便利です。基本的にトラブルは少なく、画質もきれいで、使い勝手も上記のようにすばらしいインターネットFAXですが、こうした通信サービスは相手側との兼ね合いもあるので、リスク回避のためにお試し期間を利用しましょう。

 

その点eFaxという会社では30日間無料でインターネットFAXを利用できます。この会社はグローバルにこのサービスを展開していて、世界で1,200万人近くのユーザーを持っています。スマホへの対応、使用できる送信ファイル形式なども多彩なので、こちらで試して問題ないか見ておくと無難です。

 

インターネットFAXはコスト面からみても、利便性の良さから見てもビジネスを加速することができるツールです。これから導入するという会社は、まずはこの無料トライアルを活用するとベターです。

 

通信規格など一部注意点はありますが、メリットが上回るのでインターネットFAXはこれからますます導入が期待されています。

インターネットFAXは取引先に合わせるとよい

関連ページ

インターネットFAXの便利な使い方
全世界で利用されていて、ビジネスに便利なサービスとされているのがインターネットFAXですが、もうそのメリットを享受されていますか?このインターネットFAXでビジネスシーンを加速させるために知っておきたいインターネットFAXの便利な使い方についてわかりやすく解説していきます。
使えるインターネットFAXの比較
メールとFAX両方の機能を兼ね備えているインターネットFAXはビジネス分野もパーソナルユーズでも注目されていますが、その快適さをもう実感されましたか?インターネットFAXをこれから始める人におすすめの使えるインターネットFAXを比較してわかりやすく解説していきます。
光回線のインターネットFAXがスピーディー
手軽にどこでもスマートにFAX送受信ができるとして人気のインターネットFAXですが、会社の業態によっておすすめのサービスは変わってきますので、賢い業者選びが必要です。ここではスピーディーさが魅力の光回線のインターネットFAXのメリットについてわかりやすく解説していきます。
インターネットFAXにぴったりなサービス
インターネットFAXが少しずつ認知されてきていますが、まだこの便利なサービスを導入していない会社は少なくないようです。これから導入するのがおすすめと言えるインターネットFAXにぴったりなサービスがどのようなものなのかわかりやすく解説していきます。
外出先でもFAXデータを送信できる
配属される部署によって、サラリーマンは業務形態が大きく変わりますが、営業職は外出が多く、外出先と事業所とのやり取りが必要となる場合が多いですよね?そんな外出先でもFAXデータ送信が便利なインターネットFAXのメリットについてわかりやすく解説していきます。
ベンチャー企業でも人気のインターネットFAX
新興企業とも言われるベンチャー企業は、激しい世の中の変化に追従し競争に勝ち残っていくために有用なツールを取り入れ業務を効率化する必要がありますよね?そんなベンチャー企業の業務効率化におすすめなインターネットFAXの利便性についてわかりやすく解説していきます。
インターネットFAXの送受信単価
通信費を節約できる、外出先でのFAXデータのやり取りに便利…などなど、いろいろなメリットで知られているインターネットFAXですが、いまとっても有用なビジネスツールとして話題です。このインターネットFAXの送受信単価がどれくらいで利用できるのかわかりやすく解説していきます。
インターネットFAXで使える支払い方法
ビジネスシーンでの業務連絡などの効率化に非常に便利で使えるツール、インターネットFAXが徐々に認知されてきていますが、この便利さをもう体感されましたか?このインターネットFAXで使える支払い方法にどのようなものがあるのか、わかりやすく解説していきます。
オプション機能で選ぶインターネットFAX
インターネットFAXがビジネスシーンでの有用性が浸透し、いま非常に話題となっていますが、もうその利便性は体感されましたか?ここでは、インターネットFAXのいろいろなオプション機能についてわかりやすく解説していきます。
インターネットFAXは一斉送信も可能
多くのサイトでインターネットFAXの便利な機能やその節約性が話題ですが、その他にもいろいろなメリットがあり、効率化を考えている事業所に非常におすすめなビジネスツールです。このインターネットFAXの便利な一斉送信機能についてわかりやすく解説していきます。
インターネットFAXのコスト削減金額
たくさんのインクや用紙を消耗し、かなりの通信費が発生するツールがこれまでのFAX,それが新しく発展したのがインターネットFAXです。このインターネットFAXの導入によるコスト削減金額はどれくらいになるのかわかりやすく解説していきます。
インターネットFAXのトラブル事例
非常にさまざまなメリットがあり、導入する企業が増え、ビジネスを加速していると言われているインターネットFAXですが、何かデメリットはあるの?ここでは、インターネットFAXの使用であった、トラブル事例についてわかりやすく解説していきます。
賢く使ったインターネットFAX事例
「メールでFaxの送受信ができる画期的なサービス」として注目されているサービスインターネットFAXはいま非常に利用者を伸ばしていると言われています。このインターネットFAXを賢く利用して効率化している具体的な事例を紹介していきます。
インターネットFAXで成功した例
さまざまなメリットがあり、利便性が高く有用なサービスであるインターネットFAXですが、ビジネスシーンにおいてまだ充分に普及しているとはいえないかもしれません。このインターネットFAXを活用した実際の成功事例を紹介していきます。
インターネットFAXは無料トライアルお試し後の契約がおすすめな理由
ネット回線を使ったインターネットFAXであれば、新しくFAX用に電話回線を契約する必要も無く便利ですが、契約してみたけど使えなかった!そんな後悔をしないためにも無料トライアルで使用感をお試ししましょう